愛鷹広域公園

のんびりポタリング, レッツハイキング, 公園デート, 地域で探す, 水遊びでエンジョイ!, 沼津市, 目的で探す, 芝生で駆け回る, 遊具であそぶ, 静岡県
広域度★★★★★
多目的度★★★★
ヘルスケア度★★★★
住所沼津市足高202
駐車場 あり
トイレ あり
自販機 あり

沼津市内でも上のほう、沼津インターの左肩に位置する広大な多目的広場。あしかた広域公園、愛鷹球場、愛鷹運動公園に、少年自然の家の近くなど多様な呼称がまかり通っているがそのどれもが正しい。通じればよいのである。

ashitakaundo_ (10)

広域の名前よろしく、公園の雰囲気を醸し出す周囲一帯はなかなかの広さを誇る。どこまでを公園としているかは定かではないもののテニスコートから競技場とかはそこそこの距離があったりもするので園内を散策するだけでもほどよく体力を使うことになる。沼津のヘルスケア公園の総本山と言っても過言ではない。

ashitakaundo_ (13)

沼津市民に愛されたいと地道な活動を続けるサッカーチーム「アスルクラロ沼津」のホームグラウンドだったり、何年かに1回くらいプロ野球の2軍戦が行われたり、草薙球場改修の際には高校野球の決勝の地になったりと忘れたころにその存在感を発揮するのである。ともあれ、そのポテンシャルから静岡県東部で実施される主要な屋外スポーツの拠点になるなどこっそり沼津の人々が誇りに思っていることは忘れてはいけない。

ashitakaundo_ (14)

ざっと見るだけでも前述の野球場、陸上トラックにテニスコート。全面芝のサッカーグラウンドなどその規模や手入れのされっぷりは見ているだけでも美しい。指定管理業者の仕事っぷりに頭が下がるばかりである。指定管理者といえばほのぼのとした広域公園のブログは、ただただ公園内でおきる日常を記しているだけではあるものの、ほほえましくにやにやしてしまう。

ashitakaundo_ (5)

さて、そんなスポーツだけにとどまらないのが愛鷹広域公園のもつたぐいまれなる魅力である。球場のさらに北側、今度は沼津市の所有地区になる沼津市立少年自然の家とそのエリアが自然アドベンチャーを楽しめるスポットとして市内外からの来園者を待ち受けている。

なによりも広大な芝生広場。せっかくの休みなので芝のうえを追いかけっこしよう!と意気込んできたパパをそこそこの斜面で返り討ちにする。体力のあるキッズとは対照的にたちまち芝生に寝転がる光景がよく見られるのである。

ashitakaundo_ (12)

他にも沼津市内では珍しいアスレチック遊具が鎮座しており、ほどよい長さのローラー滑り台やロープジャングルなども整備されここでもお子たちの遊びに舌を巻くことになる。ちなみに、よく目を凝らすと木の幹にロープがかけられているなど、もっとこう、自然を活かしたアスレチック感が感じられるとよかったのにと思ったりもするものの、そこは行政的にいろいろあるので詮索はしないようにしましょう。

ashitakaundo_ (8)

他にはせせらぎの径とたいそうな名前が付けられており、沼津ゲンジボタルのメッカだぜと石碑的なものまでたっている割にはちょっと足を踏み入れると木々の緑がやや無法的に生い茂っており気軽に自然散策をしようとする人たちの足をちょっと踏みとどまらせるギミックを取り入れている。一方でせせらぎの近くには誰が置いたか蚊取り線香などが焚かれているなどなんともミステリアスな感じである。ちゃんと蛍は見ることができるようなのでご安心を。他にもいろんな動植物がみられるため自然観察にも役立ちそう。

ashitakaundo_ (7)

山から海まで。標高差もそれなりにあり、北から南までの距離もほどよい沼津市のなかで一番うえから沼津の街並みをどっしりと見守る沼津の公園の大黒柱的な存在。多目的に使えてのんびりとしたレジャーもどんとこい。何もすることがないような休日にはここにいっとけば間違いない。思いがけない出会いがあることもしばしば。ただし、大会開催日などは駐車場がいっぱいになることもあるのでどうぞご注意を。