丸火自然公園

レッツハイキング, 地域で探す, 富士市, 目的で探す, 芝生で駆け回る, 遊具であそぶ, 静岡県
自然度★★★★★
野鳥度★★★★
アスレチック度★★★
住所富士市大淵10847番地の1
駐車場 あり
トイレ あり
面積およそ92㌶

富士市で一番大きな公園にして、広大な森林。その名は丸火自然公園。

marubi_d

まずはむやみに車でアクセスすることを拒み、来園者に襟を正して欲しいという願いが込められているであろうと予測される、車止めのポールがお出迎え。言うなれば丸火の森林に入るための結界のようなものと認識できる。駐車場もあるので、クルマ進入禁止というわけでもないのではあるが軽自動車は難なくすり抜け可能。ファミリーカーの定番、ミニバンクラスであればギリ通り抜けられるくらいの幅。このポール自体もひとつのアトラクションとして丸火自然公園を楽しむ要素としてとらえよう。

marubi_i

自然公園の名は伊達ではなく、新緑の季節や秋の紅葉。冬には降雪もある地域なので、シーズンによって様々な表情を楽しめる。特に野鳥のパラダイスと言ってよくウグイスなどのなき声がロケーションと相まってすばらしいBGMとなる。

marubi_f

キャンプサイトやバーベキュー施設があったり、自然遊歩道もそこそこにタフであったりとまさに自然を楽しむための多様なコンテンツが揃っていることに加えて、特にキッズに嬉しいのはアスレチック遊具が充実していること。蟻地獄のアトラクションがあったり高さのある砦遊具など、そのジャンルも多様性あり。

 

富士市街からちょっと離れた、富士山麓の大自然んおなかにいるんだなあと実感するには十分な、休日向きの公園といえそう。

 

写真提供:廣瀬さん