三島梅花藻の里

のんびりポタリング, 三島市, 公園デート, 地域で探す, 歴史をたしなむ, 目的で探す, 静岡県
バイカモ度★★★★★
涼しさ★★★★
せせらぎ度★★★
住所三島市南本町
駐車場 なし
トイレ なし
自販機 なし
面積ちいさい

冷たくきれいなせせらぎの中でのみ、その可憐で小さな白い花を咲かせるキンポウゲ科の植物、バイカモ。漢字で書けば、梅の花の藻。

その昔、湧水の減少と水質の悪化により三島市内のせせらぎから姿を消した水中花・バイカモを復元、育成するために、佐野美術館所有の遊水地を借り受けて、バイカモを育成し、市内外の河川に株分けすることで、在りし日の三島の風景の再生をすすめるプロジェクトの拠点がこちら「三島梅花藻の里」。

ちいさなプールのような遊水地にデッキのうえからその様子が見られるようになっていること、くるくるとまわる水車もあって、梅花藻の魅力だけでないポテンシャルを兼ね備える。

梅花藻の梅にも似たちいさな花の見頃は5-9月。三島市が推し進める街中がせせらぎ事業は、ただ湧水をまちなかに張り巡らせるだけでなく、ちいさな花にも想いを巡らせているのである。

源兵衛川親水公園や上岩崎公園などのように、じゃぶじゃぶと涼を求めてアクティブに涼む湧水スポットではないものの、ささやかな花が涼しさを誘う落ち着いたスポット。三島のせせらぎを語るのであれば、ぜひ一度は訪れたい場所である。