我入道公園

のんびりポタリング, 公園デート, 地域で探す, 歴史をたしなむ, 沼津市, 目的で探す, 芝生で駆け回る, 遊具であそぶ, 静岡県
どかん度★★★★
潮騒度★★★
文学度★★★
住所沼津市我入道秋葉町441外
駐車場 あり
トイレ あり
面積ほどほど

沼津市きっての海水浴場、我入道海岸のほど近くにある公園。

近くに牛臥山公園もあるが、こちらは遊具や芝生など、よりキッズから小学生向けの公園といえる。

沼津にゆかりの深い歌人、芹沢光治良の文学館もある。沼津を代表する文筆家、芹沢光治良に関する資料がいくつも収蔵、展示されているばかりか、建物もなかなかイカす建造物なので、ぜひ入館してほしいところである。

また我入道海岸にすぐ行くことができてここでは海水浴やバーベキューなんかも楽しめる。そんなわけで、意外と用途はいろいろありそうだ。

さて公園。

芝生広場自体はそんなに広くないが、複合遊具やうんていなど多数のアトラクションがあることが特徴。海岸沿いらしく松の木が多数茂っており、木陰には事欠かないので、シートとお弁当をもってランチにも最適。近年あまり見られなくなった土管もあり「ジャイアンリサイタル」すらできそうである。

その風景はノスタルジックであり、スーパー安全性が確保されているというワケではないが、そのあたりのアバンギャルドさが子供たちの冒険心をそそるのは言うまでもない。

他には、明治天皇の皇后様が立ち寄り、花を愛でたとも言われており、その記念碑も建立されている。

先の芹沢文学館と合わせて、歴史的な要素も兼ね備えている。

結構レベルが高いが、千本浜~沼津港~我入道まで徒歩で行くこともできる「潮の音プロムナード」の道中でもあるので、潮騒を感じながらのウォーキングもできそうだ。

目的をもって行くもよし、目的もなく行くもよし。最近の整備されつくした公園とは雰囲気は違うが、昔ながらの公園であり楽しめる要素は多分に含まれている。